ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-

 

本日【5/12】の弥馬屋は・・・工房の技術に注目!

 

 

話をかける時「もしもし**ですが・・・」と、

無意識のうちに「もしもし」と言っています。

 

この「もしもし」ですが「これから話します」という意味らしく、

「申します 申します」の省略だそうです。

 

申します申します。

 

それより前、最初に電話交換が始まった時は、

読売新聞によると「オイオイ」と呼びかけたそうです。

 

ずいぶん乱暴な言い方ですが、まあその当時といえば、

電話を持っている人は日本のトップの方々。

 

「オイオイ」という呼びかけも、わからないでもないですね。

 

そして受け手の応答はといえば、

「ハイ、ようござんす」だったとか。

 

電話交換が始まったのは明治23年12月16日だそうですが、

以来どんどん進化して、今では持ち運べるのはもちろん、

最近はメガネや腕時計が電話になったりしていますね。

 

さて、宝石の研磨やジュエリーの創作の分野でも、

新しい技術が色々と生まれ進化しています。

 

しかしその技術を使いこなすのは、

やはり職人の腕にかかっています。

 

弥馬屋はそれぞれの分野における、一流の職人をかかえています。

 

弥馬屋のデザイナーチームも、工房の高い技術があるからこそ、

思いっきったデザインがご提案できるわけです。

 

弥馬屋のリフォームやオーダーを是非お試しください。

必ずあなたにフィットするジュエリーができますよ。

 

今日はきょうの風が吹く。

 


リフォームの相談でお越しいただくお客様へ

順番にお伺いいたしますが、ご予約の状況や前の方のご相談内容により、
かなりのお時間をお待ちいただくことがございます。
混雑状況などは、店頭にお問い合せくださいませ。

 

ご予約いただきありがとうございます。

ご予約いただくとプライベート個室でのデザイン相談も可能です。
個室・半個室・かくし部屋を完備してございます。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店- は、
小田急線町田駅【西口】より、ゆっくり歩いて3分ていど、パールビル3階にございます。


WEB予約はここをクリック!  本日のニュース下部ボタン2

 

 

工房直営のジュエリーリフォーム専門店
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ