ムダを省くことを極限まで考えました。そこに残るのは洗練された美しさと、美しさゆえに今にも飛び立ってしまうかのような夢幻的な魅力であります。

 

『美』には、時間的な拘束があり、時と共に劣化していくもの。

 

ダイヤモンドの時を越えた輝きで『美』を表現した“HIKARI”というこちらの作品は、指に通すと貴金属部分はほとんど見えず、光りの帯が美しく輝きます。

 

 【写真をクリックしてご覧ください】

HIKARI 2

k18製 ダイヤモンド0.1ct 天然色イエローダイヤモンド0.31ct 

 

 

 

 

 

 工房直営のジュエリー専門店【リング作品集】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


商品についてのお問い合わせ 弥馬屋の作品集