金属面にすきまなくぎっしりとダイヤモンドを留める技法を“パヴェ”と呼びます。

 

こちらの作品の、見事なパヴェ。マイクロスコープを使用し、メレーダイヤ一粒一粒を手作業で留め込み、極小の爪で仕立てられております。

このイルカの流線型の身体を見ると、ダイヤが留められているとは思えないほど、滑らかにカーブを描いています。

 

 

 【写真をクリックしてご覧ください】

dolphin

k18wg製
ダイヤモンド1.17ct グリーンガーネット0.02ct

 

   

 

 

工房直営のジュエリー専門店【ネックレス作品集】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


商品についてのお問い合わせ 弥馬屋の作品集