陽ざしが暖かくなり、雁が北へ帰っていく。その習性どうり群れをなし、北の海を渡っていく。

 

前の年の秋に、雁が海を渡って来たさいに、海面に浮かべて休むための、小枝をくわえてくる。

 

無事に浜辺に辿り着いた雁は、そこでその枝を落とし、次の春には同じ枝を浜辺で拾って北へ帰っていく。

 

そして冬の間にこの地で亡くなった雁の枝は、浜辺に残ったままとなる。そこで浜の人は供養のため、その枝で焚いた風呂を旅人にふるまったそうです。

 

 【写真をクリックしてご覧ください】

雁 gan

k18製 ルビー ¥57,000

 

 

 

 

 

 工房直営のジュエリー専門店【ネックレス作品集】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ
 


商品についてのお問い合わせ 弥馬屋の作品集