毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 サンゴ リング】デザイン画

これは懐かしい1枚ですね。

10年以上も前に描いたものです。

ここに【1/100 8p】という謎めいた暗号が記載されていますが、

これは100分の1カラット(0.01ct)という小さなサイズのダイヤが8個留まります

という意味です。

 

1つのジュエリーは、沢山のエキスパートたちがたずさわって仕立て上がるわけですが、

その最終工程を任されるのが、宝石を留める職人であります。

1/100ctのサイズとは、直径で約1.3mmもの極小ダイヤモンドなのですが、

驚く事に彼らはそのサイズを

「結構おおきい石」

と言うのです。

 

弥馬屋の石留め職人たちはその半分の半分、

なんと1/300ctや1/400ctの超極小サイズのダイヤを、

強い集中力で留めてしまう集団です。

いったいどんな人たちなんでしょうか・・・いずれ紹介しますね。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2