毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ガーネット イヤリング】デザイン画

宝石を身につけるためには、

ジュエリーに仕立てなければなりません。

宝石たちにピタリとフィットする土台を作り、

そこに留めこむことでジュエリーとして身につけることができます。

宝石をどんな方法で留めるかで、

出来上がりの印象は大きく異なります。

 

ご覧のデザイン画の左側の画では、

メレダイヤを3本の爪で留め込むことで▽型のシルエットを演出し、

デザイン全体を引き締めています。

右側の画では2ピースのガーネットを並べ、

無駄の無い6本の爪で支えることで連続する赤色を強調しています。

 

ご自分のジュエリーの宝石が何本の爪で支えられているか・・・

いま確認したくなったでしょ?

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2