毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ リング】デザイン画

このデザイン画の、メレダイヤが留まっている所。

その部分を私たちジュエラーは『肩』と呼びます。

同様に私たちはリングの各部位を、

『腕』、『腰』、そして『爪』という名で呼びます。

 

さらに形容詞をそこに付けて

『肩が張る』、『腕が太い』、『腰が低い』といった使い方です。

 

『腰が低い』というのは、

単にリングの中央部分の見た目を表現しているだけで、

他人様に対してへりくだって、愛想がよいという事では決してなく、

いやむしろ・・・逆に・・・。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2