毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ リング】デザイン画

一文字リングとよばれる、

0.1ct程度のダイヤモンドが横一列に5ピース並んだデザインは、

昭和の中期から後期にかけて大流行し、量産されました。

一文字リングは当時の女性たちの指だけでなく、

笑顔や立ち居振る舞いまでも輝かせ、

それを持たない女性にとっては、まさに憧れの存在だったのですが・・・

 

あれから20年余りの月日が流れ、

世代交代と共に一文字リングも引き継がれるようになると、

『え~ダサいよ、そんなデザイン。私つけなーい』

などと新世代に言われてしまい、リフォームに持ちこまれる方が急増。

爪などを使用せず、ハートのモチーフ枠に生まれかわることになるのでした。

 

この後さらに20年余り経過したら、

その時の新世代は、全く同じセリフでリフォームに至るのでしょうね。

・・・しかもそのご依頼を、私が受けたりして(笑)

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2