毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

弥馬屋でジュエリーを制作している、かざり職人たちは、

非常に精度の高い仕事を要求されます。

細部に至るまで、私の図面通り作らないと、

何度でもやり直すことになる事を知っているからです。

 

私の方も職人に対し、

『この部分は、大体こんな感じでオマカセします』

なんて指示書は、まず書きません。

原型を作る職人とは【寸法】を、

宝石を留める職人とは【留め方】を、

仕上げの職人とは【表面の処理】を、

入念に打ち合わせし、ブレることは決してございません。

 

・・・さてご覧のように、

そもそも私の描いたデザイン画の軸がずれている場合ですが(汗)

どんな仕上がりになったことか、お察しの通りデス。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2