毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ルビー リング】デザイン画

んー何ででしょうこの画、いつもにも増してヘタクソですね。

石を留める爪が描かれてませんし、宝石の配置もダサイですね。

なにより画にパワーが感じられません。

いったい何年前の資料なのでしょうか。まったく記憶にございません。

私が描いたというのは間違いないようです。

 

さて、

このデザインのように2種類の素材を交互に繰り返すと、

とても下品になります。

パールのネックレスなどでも、

珠と珠の間に金ボールなどを入れ込んで、

パール、金ボール、パール、金ボール・・・と、

ひたすら繰り返すデザインがございますが、

あれほど考えの無いデザインは他に無いと思います。

 

アレンジもせず、ひたすらに繰り返すだけなんて・・・

工夫やアイデアが微塵もない、

抜け殻のようなデザイナーの仕事だと思いませんか?

 

さて、この画は確かに私が描いたものですが、

きっとその時、体調でも悪かったんじゃないかなって・・・。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2