毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

 

【pt900 サファイア リング】デザイン画

ぶ厚い宝石は、どんなに低くセッティングしても、

その厚み分だけは上部に飛び出します。

度を過ぎて低くセットすると、宝石が下に飛び出し、指を傷つけてしまうからです。

 

さて、ギリギリまで低くセットして、それでも残ってしまうデザイン上の厚み。

これを、「しかたない!」

と一蹴してしまうのでは芸が無い。

ご依頼主が求めているのは、【低く見えるという結果】である事に注目すれば、

他の解決策も見つかるというもの。

 

例えばリング上面に施した表面加工を、

リングの側面(厚み部分)にも同様に施すことで、

視覚的に脳をだますトリックはいかがでしょう。

 

今回もデザインを始めた初期の頃の、

実にヘタクソなデザイン画ですが、

私がお伝えしたいことは、おわかりいただけますでしょう?

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2