毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 パール リング】デザイン画

ご覧のデザイン画は、

二つのパールペンダントをご持参のお客さまに

「コレなんだけど、こうやって、こんな風にリングにできない?」と要望され、

「んー、それはこんな感じですか?」・・・的な1枚です。

 

この段階では

【つくれるかどうか】や【現実的かどうか】という要素は考えず、

お客さまから出てくるパッションを次々にデザイン紙面に落とし込みます。

そうすると、お客さまの中から、

アイデアや閃きがドシドシ湧き出てくるのです。

 

最終的には、

ご来店当初の考えとは全く異なるデザインになることも多々ありますが、

このエキサイティングなデザイン相談が、

私のお客さまの大きな喜びにつながっているようです。

 

どこの馬の骨とも(←私)わからないデザイナーが

一方的に考えたデザインよりも、

お客さま自身から湧き出してきたデザインのほうが・・・

まぁ、たいてい素敵です(泣)

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2