毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【K18 パール リング】デザイン画

デザイン相談のさい、お客さまのテンションも盛り上がってくると、

「ちょっとこの辺にメレダイヤでも留めてみてよ!」

なんて展開になります。

 

そんな時は瞬時に、どの程度の大きさのメレダイヤを何ピース留めると美しいか、

予測できなければいけません。

限られたスペースにメレダイヤを留めるので、

小さなサイズのメレダイヤなら沢山留まりますし、

大粒なら少量しか留まりません。

費用 対 効果が最高になるような計算が求められます。

 

そして、ご覧のデザイン画のように、

メレダイヤを留めるスペースが徐々に細くなっていくデザインなどでは、

その計算はより複雑になり、電卓を駆使しての計算がおこなわれますが、

ほとんどのお客さまがこの段階で、

「えーと、だいたい分かりますから、おまかせします」

と助けてくれます<(_ _)>

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2