毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

デザインの上部と下部をつなぐ1本の棒が見えます。

この棒が長いほど下部が大きくスイングする大胆なデザインとなります。

依頼主の好みの長さで仕立てるわけですが、

ここで注目いただきたいのは棒の形状です。

 

それは丸棒でも角棒でもなく、

デザイン画の右側にも描かれているように、

棒の正面部分を細く削り、

断面が2等辺3角形になるように仕立てると素敵です。

 

通称ナイフエッヂと呼ばれる、この棒の形状は、

丸棒や角棒よりも手間がかかりますが、

ダイヤの輝きに調和したシャープな雰囲気が演出できるのですごく素敵です。

 

ショッピングのさいは、デザインの中の細かなパーツに注目して

「おっ!ひと手間かけてあるな」

と感じさせるジュエリーを見つけてみてください。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2