毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【K18 ターコイズ ペンダント】デザイン画

ご依頼主が大きなターコイズを持参され、

デザイン相談がはじまると・・・

「葉っぱでもつけてペンダントにしましょうか?」

からはじまり、

「何枚つけます?2と4は数が悪いから3か5枚にしましょうか?」

なんて話に発展し、

「ターコイズは揺れるように仕立てて5本の爪で留めましょうか?」

という具合。

 

このあたりでお客さまも積極的に要望を言い始め、

「メレダイヤもこのへんに付けてね・・・あっチョット待って、

やっぱりターコイズは爪を使わない器に入れてくれる?」

・・・と、じつに楽しい時間になるわけです。

 

しかしながら、

盛り上がって発展しすぎた話が、

例えばペットのエサの話題にまでおよびはじめると・・・

「えーと、どこまで決まったんでしたっけ?このターコイズ・・・」

となるので注意が必要です(汗)

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2