毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

わたしの描いたデザインを、

ジュエリーとして形にしていく工房の職人たちは、

じつに精度の高い仕事をしてくれるので助かっています。

ジュエリーデザインの世界では、

0.5mmの誤差で出来上がりの印象が大きく異なるため、

職人たちには制作図面の寸法に細心の注意を払い、

忠実に仕立てる能力が求められます。

 

修正ができる段階であれば良いのですが、

制作ジュエリーが完成に近づくほど

【一発勝負】的な手さばきが必要とされます。

 

さて、

ジュエリー制作の最終工程である、

【石を留める】加工を担う職人たちは、

神経を極限まで研ぎ澄まして、工具を振り下ろすことになります。

もし失敗すると最初の工程から作り直しというケースもあり、

そこまで仕立ててきた各部門の職人たちから、

大ブーイングの雨あられ・・・(汗)

 

ここからお察し頂けると思いますが、

石留め職人は神経が太くなきゃ務まりません。

つまり私のような気弱なヒヨっ子では、

とてもじゃないけど私の職人チームでは務まらないわけです。

・・・はい。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2