毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900/K18 ルビー ペンダント】デザイン画

大小さまざまなダイヤモンドと、

コロンとしたルビーが、この時の課題でした。

個性豊かなそれぞれの宝石たちをキャスティングし、

作品の中で生き生きと演じさせるのが、私の仕事といえます。

 

宝石たちを持参されたご依頼主にとっては、十年来の友かもしれませんが、

私にとってはその日初めて出会った宝石たち。

何年もの間、宝石たちをしまいこんでいたご依頼主の多くは

「今すぐデザインして欲しい」と要望されますので、

「んー、ちょっと2,3日考えさせていただいて・・・」

なんてことは言えない空気が現場を満たしております。

 

「あんたそれでもデザイナーなの?!」と怒られる前に、

いち早く気のきいたデザインをしなければいけない現場で、

ご覧のデザイン画も描かれたわけでして・・・

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2