毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900/K18 ダイヤ ペンダント】デザイン画

こうして自分の画をふり返って見ると、

きちっと描かれたデザイン画よりも、ご覧のラフ画の方が、

デザイン相談中の現場の情景がリアルに思い浮かんできて楽しめます。

 

ラフ画は稜線も荒いし、字も汚いのですが、

(まぁ字はいつもヘタクソなんですけども)

デザイン相談中に計画が2転3転している様子がうかがえて、

見ていてワクワクします。

 

カーブの強さや寸法など、

最終的には収まるべきところに収まるわけですけど、

あとから振り返ってみれば、

その過程のスッタモンダがじつに楽しいひとときであるわけです。

 

あ、いえいえ、

人間関係の話をしているわけではなく、

デザインの話なんですけども・・・。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2