毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900K18 パール ペンダント】デザイン画

イヤリングはバネのパーツをつけなければ耳につけられませんし、

ピアスにはピアス針が必要で、

ブローチには裏側にブローチ針が無ければ衣服につけることができません。

 

同様にペンダントにも

【バチカン】

と呼ばれるチェーンを通すところが絶対に必要となります。

 

さて、

ふんわりと丸いパールを、トンボのデザインでペンダントにするさい、

「ハイできました!」

と最上部に出来合いの3角形のバチカンを付けたとしたら、

私はお客様から、ブーイングの雨あられ・・・でしょうねきっと(^_^;)

 

そのため私は、

デザインをもうひとひねりしなければいけません。

「トンボは上部に付けてと・・・

まっすぐつけると芸が無いから、ナナメにして・・・

尻尾をクルッと巻いてそこにチェーンを通そうか・・・

どうせなら羽でパールを抱きかかえてみようか・・・」

などなど。

 

お客様に叱られないように、叱られないようにと、

本日もビクビクしながら デザインにいそしむ私です<(_ _)>

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2