毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900K18 オパール リング】デザイン画①

ユニークな形状のオーストラリアオパールを、

最終的にご覧のデザインで仕立てるとしても、

この決定図案に至るまでには様々な紆余曲折を経ております。

 

依頼主の好みはもちろん、

費用対効果も十分に考慮されています。

「リング部分はぎっしりとメレダイヤを留めて、華やかにしようか・・・」

「オパールの土台部はプラチナで・・・」

「サイズは#14にしようか#15にしようか・・・」

などなど、ご依頼主はデザイン相談の中で、どんな仕立てにしたら、

これから先の自分に最適かを何パターンも検証するのです。

 

そんなデザイン相談中のラフ画は、

依頼主の【未来予想図】とも呼べるでしょう。

今回の依頼主が、自身の未来をイメージした経緯を、

次回のこのコーナーでご紹介しますね。

お楽しみに~。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2