毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

 

【K18 カーネリアン ペンダント】デザイン画

例えばもともとイヤリングであった大粒の宝石を、

2ピース使用してペンダントにする時、

私からご依頼主にお願いすることがございます。

 

それは、「ダイヤを1個だけ使わせてください」

というお願いです。

小さいとはいえ、ダイヤモンドもタダではありませんので、

お仕立ての費用がその分だけ高くなります。

それでもやはり、ダイヤが必要だと感じます。

 

試しにご覧のデザイン画のメレダイヤの部分を指で隠してみてください・・・

どうです?

デザインがのっぺりとして、オモチャっぽくなったと感じませんか?

当たり前ですがこのダイヤは絵ですから、もともと輝いたりしないのに、

有ると無いとで全体の雰囲気が驚くほど異なります。

 

ほら、「この部分にダイヤを1個だけ使わせてください」

ってお願いしたくなるでしょう?

あなたが私の立場だったら!

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2