毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

 

【Pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

店頭にてリフォームのご依頼をいただき、

デザイン画に従って制作が開始されると、

工房の職人チームが招集されます。

 

デザイナーはもちろん、外観を造形する者、宝石を留める者、

表面加工や仕上げをする 者たちが一同に会した、

制作者会議です。

その会議では、ご依頼主からお預かりしたジュエリーの分析や、

デザイン画に基づいた、仕上がりまでの工程が決められます。

 

と、

このように書くと感じのイイ話なのですが、

ときどき会議が難航することがあります。

「この図案ってさぁ・・・どうやって完成させる気なの?」や、

「こんな前例の無い加工、よく思いつくな!」などなど、

デザイナー(私です)の無理難題を実現させるために、

長時間の会議になってしまうわけです。

ときどきなんですけどね・・・まぁ、3回に1回くらい。

 

さて、意外かもしれませんが

ご覧のデザイン画のペンダントをお仕立てする際も、

長ーい会議になりました。

このアングルからは見えない、とある部分の仕立てについて、

デザイナー(私です)が無理難題を投げかけたものですから、

各部門の職人たちが熱く語り合うこととなったわけです。

 

会議室の隅っこからその様子を眺めて、

矛先が自分に向かないように、

そっと息をひそめるデザイナー(すみません私です)。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2