毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。 

【Pt900 ダイヤ リング】デザイン画

貴金属の売却ブームに乗って、

使わなくなった手持ちのジュエリーを現金化したものの、

それらに留められていた小さなメレダイヤは返却されてきて、

持て余していたそうです。

 

「よーく見たらその中の一部は、少し茶色っぽいメレダイヤでね、

まぁ安モノのジュエリーだったからねぇ・・・」と仰るお客様。

 

小さなメレダイヤは、いつの間にか紛失してしまう方が多いので、

「いっそのこと、こんなリングに全部まとめて留めてしまいましょうか」

などと言いながらラフ画を描き始めましたら、

「あぁ!どうせならふたつに分離するようにして・・・」

とお客様にも火がついて、2枚3枚とラフ画を描くうちに、

さっきまでは想像もできなかったデザインが生み出される。

 

すると、

【安モノの茶色っぽいメレダイヤ】だったはずの石が、

【天然色ブラウンダイヤ】と呼ばれるようになるからオモシロイ。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2