毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

リフォームのさい、元のデザインに留められていた宝石を、

余らせることなくすべて使いきる気持ちが強すぎると、デザインが制限され、

場合によっては、

元のデザインと大差ないジュエリーになってしまうことがあります。

 

元のデザインではつけたくないからリフォームするのに、

これでは本末転倒ですね。

 

リフォームのさいは主役となる宝石を決めたら、

あとは自由な発想でデザインし、

主役以外の宝石たちを無理に再利用しないほうがよいと思います。

 

さて、

余った宝石たちだって美しい財産ですから、

絶対に捨てないでくださいね。

返却された小粒のブラウンダイヤなどは、

2本の爪で留めこんで、ちいさなペンダントにでもしてはいかがでしょう。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2