毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 シトリン ペンダント】デザイン画

もともとは腐食したシルバー台に留められたイヤリングでした。

使わなくなってから数十年の時を経ているとのことで、

土台だけでなく、

このイヤリングにまつわる【物語】もまた、風化していました。

 

私のところへやってくるジュエリーには、

手に入れる経緯から、気に入られ、愛され、壊れて、直されるまでの

【物語】が刻まれています。

 

腐食した土台からはずされたこの宝石は、

洗浄されて、新たなデザインに留められて、

この日からまたオーナーの【物語】をつづり始めることになります。

 

いつの日だろうか、

次に君に会う時、どんな【物語】が刻まれていることか・・・

楽しみにしているよ。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2