毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【K18wg オパール リング】デザイン画

楕円形の宝石をデザインするときに、

指に対してタテ向きに使用するか、ヨコ向きに使用するか、

お客様の好みが分かれるところです。

 

ご覧のデザイン画のような大きめの宝石は、

ヨコ向きに使用すると宝石が指からはみ出してしまいます。

過去には、さらに大きな宝石を持参されて、

両側の指とあわせて、

3本の指にまたがってセットするデザインを喜ばれる方もおいででした。

 

タテに使うこと、

ヨコに使うこと、

ナナメ向きに、

ウラ向きになどなど、

【普通】ですとか【一般的】という言葉とは程遠い世界。

 

そんなワクワクする可能性こそ、

ジュエリーリフォームの醍醐味であります。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2