毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 エメラルド リング】デザイン画

多くのエメラルドには、

四角形の四隅を少しだけ削り落した、八角形のカットが施されます。

通称【エメラルドカット】と呼ばれる直線的なカットを施された宝石は、

やはりメリハリのきいた直線的なデザイン枠で仕立ててあげると、

美しさをきわだたせることができます。

 

・・・というのは表向きの俗説で、

実際のところは主役のエメラルドを生かすか殺すかは、

エメラルドが乗っている土台部分がにぎっています。

ですので、

枠のデザインは自分の好きな形にされたらよろしいと思います。

 

エメラルドが留められてリングが仕上がると、

その土台部分はほとんど見えなくなってしまう、影の薄い存在ですが、

この部分をつくりだす飾り職人と、

この部分にエメラルドを留める石留め師の技こそが、

エメラルドの美しさをこの上なくきわだたせている要因であります。

 

「四角い石だから四角いデザインに留めるのがサイコー!」

というのは短絡的過ぎるかもしれません。

「角刈りだからスーツが良く似合う」と言われているようなものですね。

完全にコケにされてる気がしませんか?

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2