お任せください、ジュエリーのこと。ジュエリーリフォームデザインスタジオ弥馬屋(東京/町田)

MENU

Info

デザイン画集

design

【k18wg アメシスト ピアス】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【k18wg アメシスト ピアス】デザイン画

お気に入りのピアスだったそうですが、

「耳にピタリと装着するデザインは飽きた!」

とのことで、揺れるようにリフォームした際の1枚です。

 

それまで耳たぶの上で鎮座していたものが、

耳の下に揺れるようになるのですから、印象も使用感も大きく変わります。

比較的簡単で安価なリフォームなのに、

達成感が大きい仕上がりになります。

 

さてところで、毎回感じるのですが・・・

下手クソな字ですね。

デザイン画を描くときと同じように、じっくりと描写すれば、

上手に書けるものでしょうか?

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Pt900 ぺリドット ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900 ぺリドット ペンダント】デザイン画

溢れんばかりの生命力で生い茂る若葉。

燦々と照る陽光を全身にうけてキラキラと輝く葉は、

若さと美しさを象徴しています。

そんな若葉から美しさのエキスがひとしずく、ポタリ。

・・・的なイメージでペンダントをデザインしたら、

こんな感じになりましたが、いかがでしょう?

 

このペンダントを胸につけるということは、

このしずくが、

若く美しいあなたのエキスだということになりますかね(*^^)v

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【k18WG パール ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【k18WG パール ペンダント】デザイン画

South See Pearl(南洋の真珠)、

略してSSPは、

南の海に生息する白ちょう貝という大きな2枚貝がつくりだすパール。

その中でもゴールド色を発するものは大変人気で、

パール好きに必須のアイテムですね。

 

SSPには神々しくシルバー色に輝くものもあり、

こちらもパール好きに必須アイテムと言えます。

 

個人的には、ホワイトの中から薄ピンクが浮かびあがるSSPが大変美しく、

これこそパール好きに必須のアイテムなのではないかと思います。

 

数は少ないのですが、

ふんわりとブルーの光沢を発するSSPは、

見る者を優しい気持ちにしてくれる不思議な雰囲気を持ち、

もしかしたらこれこそがパール好きに必須の・・・

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【k18 アンモナイト ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【k18 アンモナイト ペンダント】デザイン画

装身具とは、

【身体につけられる仕立てを施したモノ】であります。

当然ジュエリーもそのカテゴリに含まれますね。

さて、

どんな【モノ】を身につけたいかは人それぞれですから、

世にある【モノ】全てがジュエリーに成りえると言えます。

 

これまでに私の所へ寄せられたご依頼をふり返ると、

じつにさまざまな【モノ】をジュエリーにしてきたと感じます。

愛車のエンブレムをペンダントにした方、

初デートのときに拾った河原の小石をリングにした方、

ご主人の遺品の中からでてきたという真空管をペンダントにした方、

などなど、どの方も身につけたいという強い思いが原動力となり、

唯一無二のジュエリーをつくられました。

 

そして私は、

こうしてジュエリーになった【モノ】たちこそ

【宝石】であると感じるわけです。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ルビー ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ルビー ペンダント】デザイン画

巷に数多く存在する【ルビーファン】。

その中にはダイヤモンドよりもルビーが好きと言う方もいます。

燃えるようなルビーの赤を身につけると、

あなたのハートに火が灯ります。

 

さて、

かくゆう私も熱烈な【ルビーファン】。

しかし私の場合、

ルビージュエリーを身につけて楽しむことはないので、

【真のルビーファン】に言わせると【なんちゃってルビーファン】。

 

ですが、

ルビーに寄せる熱い思いは決して中途半端なものではなく、

この気持ち、もはや愛かと・・・。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ダイヤ ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

ペンダントにはチェーンを通す部分が必要ですが、

そこを小さくつくると、

デザインがシンプルでスタイリッシュになるので多くの方が好まれます。

 

当然ですがその仕立てでは、

小さな穴にチェーンを通し込むので、

気分しだいでチェーンを取り換えたいという方には不向きな仕立てと言えます。

 

デザイン性か利便性か、

両者を同時に満足させることは難しいわけですね。

それはこの世に溢れる多くの事柄と同様です。

 

あとひとつ食べたら太る。

あと5分寝てたら遅刻する。

あと3mmペンダントの穴を大きくしたら・・・ダサすぎる。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 オパール ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 オパール ペンダント】デザイン画

南米で採掘されるオパールを、

プラチナで優しく包んでペンダントをデザインしていますね。

オパールの丸味の形状に合わせて、

その土台も丸味に仕立てていますし、

チェーンを通すバチカン部分は金属がピカッと光るのではなく、

メレダイヤでシャープな輝きにしています。

 

この画は確かに私が描いたものですが・・・

さて、全く記憶にございません。

お客さまからGOサインをいただいたデザインを忘れることは決して無いので、

これはたぶんボツになったデザインだと思います。

 

そう思ってあらためて見てみると、

ちょっと田舎くさいし、

やはりこのデザインじゃボツだろうなぁ・・・

なんて見えてくるから不思議ですね(笑)

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ダイヤ ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

リングをつけたがらない方がいますね。

その昔、ご主人から婚約の証として貰ったダイヤのリングも

タンスの奥深くにしまいこみ、

数年から数十年も熟成(…しませんけども)している事でしょう。

 

せっかく手に入れた高品質ダイヤモンドも、

光の届かない暗闇の中ではただの石。

ダイヤモンドは光の当たる世界に居てはじめて宝石の王に成りえるのですね。

あなたが光の世界で立ち居振舞い輝くほど、

あなたのダイヤモンドもその存在感を増すのです。

 

で、

結局のところ私は何が言いたいのか。

とりあえず、

ペンダントにでもしておきませんか、そのリング?

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 パール ブローチ】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 パール ブローチ】デザイン画

「ふんわりと風になびくリーフに包まれるように、

南洋の大粒パールが実ります。

所どころに配した小さなダイヤモンドは、

陽光をうけて反射する朝露をあらわしています。」

 

・・・こんな話をしながら、

私はデザイン相談中に画を描き上げていきます。

「ちなみにブローチを正面から見て、右上から左下に向かって風が吹いています」

なんて余談もお伝えすると、

ご依頼主はとても喜んでくださり、

制作のGOサインをいただけるわけですm(_ _)m

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ダイヤ ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

ご覧のデザイン画に、

Dia 0.41ctと記載されております。

これはダイヤの大きさをあらわす表記ですが、

基本的にはリフォームする前の元の枠に刻印されていた数字と同じものが、

新たなデザインにも打刻されます。

 

基本的には・・・と書きましたとおり、

時々違う場合があるので注意が必要です。

元の枠に0.41ctと刻印されている宝石でも、

枠からはずして計測してみると0.39ctだったり0.35ctだったりします。

使用しているうちにダイヤが減るなんてことは考えられないので、

元の枠に刻印した職人の計測ミスか、

サービス精神(←ダメです)だと考えられます。

 

さてごく稀にですが、

再計測してみたら0.45ct(?!)である時がございます。

使用しているうちにダイヤが増えるなんてことは考えられないのですが、

このケースでは奇跡を信じてみたくなります。

・・・ダメでしょうか?

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page 2 / 36123»
PAGETOP