お任せください、ジュエリーのこと。ジュエリーリフォームデザインスタジオ弥馬屋(東京/町田)
Info

デザイン画集

design

【pt900 ルビー リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

 

【pt900 ルビー リング】デザイン画

指輪だった宝石をプチペンダントにリフォームし、

しばらくしてそれをメレダイヤで華やかに飾る2度目のリフォームをする。

ひと粒石のペンダントを細身の指輪にリフォームして、

翌年にはその指輪がもっと幅広になるように2度目のリフォームをする。

 

自分に最適のデザインに近づける為に2度目、

場合によっては3度目のリフォームを決行する方も少なくありません。

 

ジュエリーリフォームは、

近道の無い自分探しの旅です。

ときには寄り道もしながら、

焦らずにじっくりと旅路を愉しんでくださいね。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ダイヤ リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

 

【pt900 ダイヤ リング】デザイン画

立て爪デザインのダイヤリングを、

使わないまま20年ほどタンスの中で眠らせている女性が多く居ます。

その原因の筆頭にくるのは、

「立て爪デザインの使いにくさ」だと皆さま仰います。

 

そんなお客さまがリフォームに至るさい、

多くの場合、爪の無い埋め込みのデザインを選ばれます。

爪留めに対する拒絶反応が露骨にあらわれるわけですね。

 

デザインのサイドに留める、小さなちいさなメレダイヤでさえ、

爪を立てずに埋め込みにしたいと要望されます。

出来上がったなめらかなリングを20年ぶりに指にとおし、

これから歩み始めるダイヤモンドとの日々に思いをはせ・・・

ニンマリと。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ダイヤ リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

 

【pt900 ダイヤ リング】デザイン画

ご覧のデザイン画でお仕立てしたお客さまのジュエリーは、

お仕立てから数年経った現在も未完成です。

デザイン外側に留められる、メレダイヤが完成のカギとなります。

 

最終的に完成すると、

合計で30ピースのメレダイヤが並ぶデザインですが・・・

「自分の都合で留めるから、とりあえず何も留めないでねー」

というわけです。

 

現在までにメレダイヤの追加でお預かりしたのは、

「臨時収入があった」

「株が上がった」

「自分にご褒美」の3回で、

合計14ピースのメレダイヤが追加されました。

 

完成までの道のりを楽しむのも、

ワクワクするジュエリーとのつながり方ですね。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【K18wg ルビー リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

 

【K18wg ルビー リング】デザイン画

いやーしかし、これまでも何度も話題に上がりましたが、

いくらなんでもこんなにオレンジ色な指の人は居ませんね。

肌色の色エンピツ持ってなかったんでしょうかね?

せめて薄い茶色とかを使って欲しいものですね。

 

さて、

リフォームを何度か決行すると、

新たなデザインには使用しなかった宝石が何種類もたまってきますね。

そんな宝石たちを集めて、

ご覧のデザインにするとすっごくカワイイ雰囲気に仕上がります。

 

埋め込みで宝石を留めこむので見るからに使いやすそうでしょう?

しかしまぁ、デザインはともかくとして、

指の色はチョット・・・ねぇ。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【K18wg キャッツアイ リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

 

【K18wg キャッツアイ リング】デザイン画

楕円形の宝石を留めこむ方法は様々ですが、

ご覧のデザイン画のように上下左右の爪で十文字に留めこむと、

とてもクラシックな雰囲気を演出できるので、

落ち着いたデザインに仕立てたい時などは、この爪の配置でご提案しています。

 

爪の配置といえば、

近ごろの大量生産のデザインは、

ほとんどが斜め方向からX字に留めてあるものばかりですね。

 

つまり枠のデザインをどんなにユニークにつくったとしても、

中央に留める楕円形の宝石をX字に留めてしまうと・・・

「んー、どーもいまいち、普通なのよねぇ」

とか言われてしまいます。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page 36 / 36«3536
PAGETOP