毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【K18wg パール リング】デザイン画

デザイン画を描く時、私はあまり影をいれません。

色を塗るときに軽く濃淡をつけますが、鉛筆の段階で影を入れるのがキライです。

鉛筆の影を入れないメリットは、画が明るく描ける事です。

私の描く画って爽やかでしょう?(←強引ですね?)

 

さて、もちろんデメリットもございます。

ご覧の画のような立体的に湾曲したデザインを描写しにくいのです。

脳裏にひらめいた奇怪なデザインを、

デザイン用紙の上に落としこめないことがございます。

 

そのような時は言葉を駆使しまして、

「ここのところがグアァーってきまして、こちら側でストンッとおさまるのです。

おわかりいただけますか?お客さま」

・・・という具合です。すいません。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2