毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ イヤリング】デザイン画

デザイン相談のさいに描かれるデザイン画は、

これから実際に生みだされるジュエリーを想像しやすいように、

その外観や宝石の留め方などをお客さまに説明しながら描かれます。

 

正面からのアングルや、横から、斜めから、裏側からなど、

ときにはその画を胸や耳に当てていただき、鏡で見ていただく事もございます。

前例の無いものを生みだすには、そういうプロセスが必須なのです。

 

この1枚のように、

ふたつに折り返したプラチナが耳にフィットするような、

複雑なデザインの場合は、特に詳細な解説をしてイメージしてもらうのですが・・・

う~ん、この横からのアングルのデザイン画では、

何も伝わらないでしょうね。

お恥ずかしいかぎりです。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2