毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【K18wg オパール ペンダント】デザイン画

オパールは他の宝石に比べ、

傷つきやすく欠けやすいという事は、ご存じの方も多いと思います。

ですので仕立てるさいは、オパール全体を包むような器がふさわしいと考えます。

万が一ぶつけた衝撃を、宝石の周りを包んだ貴金属が受け止めてくれるからです。

 

万が一なんてことは起こらないでしょうし、

衝撃の強さしだいでは、たとえ器で包んでいようとも、

オパールを守れないかもしれないのですが、

一種の保険として、ご加入(?)をオススメしております。

 

この保険という視点で考えてみると、

【器】に貴金属を追加投入して、肉厚に仕立てるわけですから、

この保険は決して【掛け捨て型】ではなく、むしろ【積み立て型】の終身保険かと・・・

いやいや、宝石に寿命はないので、

保証は永遠ってことになるのでしょうか?!(笑)

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2