毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

 

【K18wg ガーネット ペンダント】デザイン画

余分な装飾をせず、宝石だけが並ぶようにデザインするさいには、

爪の形状や配置がデザインに大きく影響してきます。

爪しだいでペンダントは全く異なる印象に出来上がるのです。

 

例えばご覧のデザインの上部に留められる3つのダイヤモンドのケースでは、

3つの宝石を6本の爪で留めています。

配置しだいで最小4本で留める事もできますし、

巷では12本の爪で留めているケースが数多くございます。

その中で私は、ご依頼主に6本の爪で留める提案をいたしました。

その提案をご覧いただき、ご依頼主が気にいればGOサインが出ますし、

気にいらなければNGが出ます。

 

そのシビアな判定がこれからも私を育ててくれるのです。

NGの評価がくだされれば、それを静かに受け止め、

GOの評価がくだされても、それを静かに受け止めます。

デザイナーという職業はご依頼主を輝かせる仕事ですから、

おとなしく影の存在であるわけです。

 

デザイナー自らがきらびやかに輝きだすと、

その時点から成長が止まってしまうものだと、

駆け出しの頃に、師匠に叩き込まれたわたくしの話。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2