毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 パール リング】デザイン画

大粒の宝石をリングに仕立てると、

指のほぼ全域をその大粒宝石が占めることとなり、

残ったわずかな部分のデザインなど、無いに等しいですね。

こうなると私どもデザイナーの出番はもはや無いと言っていいでしょう。

 

ご覧のデザイン画からも、

【ちから及ばず感】というか【イクジナシ感】が、

なんとなく伝わってきますね。

 

デザインするのがペンダントならば、

膨大な量のデザイン案を提案できますが、

リングとなると難しいのです。

「使いやすくてポップなのを、お願いねっ!」

と、ご依頼主は軽く仰いますが・・・(泣)

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2