毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。 

【Pt900 ルビー ピアス】デザイン画

15年以上つづけて感じる事ですが、

ジュエリーデザインとは、時間をかけてよーく考えて、

答えを導き出すモノではないように感じます。

何日も何カ月もかけて導き出したデザインの方が、

ご依頼主の心をワクワクさせるとは限りません。

 

ジュエリーデザインは、学術的な事柄を思案したり計算するのとは、

性質が大きく異なるという意味です。

 

ご覧のデザイン画のように、

1分ていどで着彩まで終えてしまったラフ画に、

強く共鳴するご依頼主もおいでです。

そしてこのスピード感は

デザインの現場ではよくある、普通なことなんじゃないか

・・・と感じます。

 

私の所では、ひとたび課題を与えられたら、

数日後に持ち越すことなく、直ちにアイデアを描き始めます。

お察しの通り、課題を与えられた私はお客様に試されているわけですね。

私にとってデザイン現場は、

緊張感と恐怖心の入り混じった試練の場というわけです。

 

もし仮に私が、

「んーこれはチョット、何日か思案してデザインを・・・」

なんて事を言い出したなら、

きっとお客様はお怒りになり、私のことをギッタンバッタンと・・・

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2