毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。 

【K18 クォーツ ペンダント】デザイン画

内部からブラウンの光沢が溢れ出る、

大きな大きなクォーツを持参された、細身で小柄なご依頼主に、

「どんなにアッサリと仕立てても、出来上がるとこのくらいのボリュームになってしまい、

それを支えるチェーンも、太めのデザインにしないと強度上の不安があるので・・・」

などと説明しながら、このラフ画を描いたのを思い出します。

 

細身で小柄なご依頼主は、

そのラフ画を実際に胸に当てて、鏡を見ながらヒトコト、

「こんなのが欲しかった」・・・と。

 

あの瞬間、

私はそれまでの殻を1枚破ったと、

細身で小柄なご依頼主に今も感謝している。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2