【Pt900 ダイヤ リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900 ダイヤ リング】デザイン画

周辺をメレダイヤで装飾し、

メインストーンを引き立てるデザインは大昔から多々ありますね。

ご覧のデザイン画のリングもその部類に入るのでしょう。

 

さて、

上部から留めはじめたメレダイヤをどこまで留め連ねるかは、

ご依頼主ごとに異なります。

そして大袈裟かもしれませんが、

ご依頼主の内面が洞察できる部分でもあります。

 

直径2mmのメレダイヤといえどもタダではないので、

留めれば留めるほどお仕立ての費用が大きくなります。

真上から見たリングを想像すると、

左右3ピースのメレダイヤまでしか見えない事がわかります。

ならば、合計6ピースのメレダイヤを留めるのが

最も賢い依頼主ということになるかもしれませんね。

 

ところが左右5ピースずつ、

計10ピース留めたい方も多くいますし、

もっと下まで留めたい方、さらには全周に留めたいという方もいます。

 

「なんで見えないところを飾るのよ!」

と感じる方もおいでだと思いますが、もしかするとこの辺に、

自分だけのジュエリーをつくる快感というものがあるのかもしれません。

 

以前のご依頼主で、

デザイン表側にはメレダイヤをまったく留めず、

デザイン裏側(指を通す内側)をメレダイヤでぎっしり埋め尽くした方がいましたが・・・

どう思います?

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2