毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

幾つかのリフォームを注文するうちに、

それまで踏み込めない領域と思っていたジュエリー制作に対する【壁】が、

取り除かれてくるお客様も多くおいでです。

 

それまでは素材の手配もデザインも、

お店側に任せきっていたお客様が、

3度目くらいのご依頼から、デザイン相談に積極的に参加して、

細部にわたって新たなジュエリー制作を企画されるようになります。

 

その様子は本当に楽しそうで、

ご依頼主の目が生き生きと輝いています。

 

ご依頼主が【壁】を取り除き、

ジュエリーデザイナーになられたのを見計らうように、

私自身は徐々に存在感を薄めていく必要があります。

ご覧のデザイン画のペンダントを依頼されたお客様の時も、

私は構造上の要点を幾つか修正しただけで、

あとは静かにしていました。

 

そういう意味では、

ここはジュエリーデザイナー養成所と言ってもいいかもしれませんね。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2