毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ガーネット ペンダント】デザイン画

ジュエリーを身につける皆さんは、宝石を正面から見て楽しみますが、

宝石には厚みという【奥行き】があります。

そしてわれわれ仕立て職人は、

宝石の正面よりも、この【奥行き】に注目しなければいけません。

 

厚みの分だけ宝石は前に出っ張るので、

それに比例して作り出すジュエリーも出っ張ります。

過度に出っ張りのあるジュエリーは、

真正面から見るとき以外は、その立ち上がりが目立ってしまうため、

立ち上がった側面部分に装飾をつけるなどの視覚効果を施す必要があります。

 

ジュエリーを身につける人は、宝石の【奥行き】など感知しませんから、

その部分をどのように始末するかは、

われわれ仕立て屋に託され、試されているわけです。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2