お任せください、ジュエリーのこと。ジュエリーリフォームデザインスタジオ弥馬屋(東京/町田)

MENU

Info

デザイン画集

design

【k18wg ジルコン リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【k18wg ジルコン リング】デザイン画

宝石の名称をいくつ言えますか?

ダイヤモンドにルビー、サファイアなど100種類くらいは思いつくでしょうか?

私がまだ宝石商になりたてのころ、

ウバロバイトガーネットなんてごっつい名前の宝石を見て、

「これまたキレーな宝石だなぁ」と感動したのを思い出します。

 

ご覧のデザイン画は、

ブルージルコンをデザインしたものですが、

この宝石もじつに美しい発色でした。

屈折率の高い宝石で、内部からキラキラとまばゆく輝きます。

 

産地や成分を知ると、急にその宝石が好きになります。

逆に未知数が多いとどうも好きになれません。

人との出会いも同様で、

出身地と内面を知ると、急にその人が好きになる。

ん、

ソウデモナイカ・・・(^_^;)

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 パール ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 パール ペンダント】デザイン画

南洋の楽園タヒチ。

そこでは美しい黒真珠の養殖がおこなわれています。

高級宝飾品として、

ジュエリーショップには欠かせないアイテムであるタヒチパール。

モチロンわたしのジュエリーショップでも欠かせないアイテムであるわけです。

 

だからといって、

私が楽園タヒチに買い付けに行けるか!というと、

そうは問屋が卸さない。

タヒチパールのブローカーの多くは日本国内に拠点を構えており、

わが社も多分にもれず、

買い付けは日本国内で済んでしまうという残念な現状です。

 

楽園タヒチに飛び、

健全に買い付け業務を執り行い、

チラッとだけ海を眺めて、

ほんの、ほんっっっのチョットだけリゾートの雰囲気を味わうという

わたくしのムフフな計画は・・・

問屋が卸さない(ToT)/

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 オニキス リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 オニキス リング】デザイン画

プラチナ900でオーダーするか、

K18ホワイトゴールドでオーダーするか、

悩んだことがございますか?

 

どちらも優れた貴金属で、

数年で劣化してしまうことはございませんので、

どちらでお仕立てしても出来上がるジュエリーは自信を持っておすすめできます。

 

美しく磨き上げた状態で仕上がってくる両者を比べても、

違いが見分けられないほど見た目も似ています。

ならば、

両者の違いに注目するとしましょう。

 

見た目がほぼ同じ両者ですが、

プラチナのほうが高額で仕上がります。

見た目がほぼ同じ両者ですが、

プラチナのほうが重く仕上がります。

 

さて、

両者の違いを知ったところで、

ほとんどの方の悩みは全く解決しないのがおもしろいでしょ?

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 オニキス ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 オニキス ペンダント】デザイン画

ご覧のデザイン画は、

男性向けのジュエリーデザインのご依頼をいただいたときに描いたラフ画です。

 

さて、

男性的なデザインてなんなんでしょう?

 

国際社会でジェンダーフリーの意識が高まる中、

【男性的もしくは女性的である】

という考え方に違和感をおぼえる方も少なくないようです。

お伝えした通り、これは男性向けのご依頼で描いたものですが、

はたして男性的と言えるでしょうか?

女性的要素はゼロでしょうか?

 

自分の首を絞めるような発言ですが、

「これのどこが男性向きなんだ!」って言いたくなりません?

さて、

男性的ってなんなんでしょう?

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 オニキス ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 オニキス ペンダント】デザイン画

オニキスという黒い宝石があります。

この宝石をメインストーンにしたペンダントのデザインを、

白い紙に描いた時の1枚です。

ちなみに密集した小粒の宝石はブラックダイヤモンドという、

これまた漆黒の宝石です。

 

「そう言われて見れば、黒い石に見えなくもない・・・」

という声が聞こえてきそうですが、

黒い宝石と白い宝石を描くのは、実際とても難しいです。

本当は美しいのに、紙面に落とし込むと魅力が失せてしまう無彩色な宝石たち。

 

このデザイン画を元に、50日かけて仕上がったきたペンダントは、

じつに美しかったんですけども・・・。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ダイヤ ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

数ある宝石の中でも、

ダイヤモンドの輝きほど美しいものはないと言われます。

これほど美しい石が地面の中に埋まっているのなら、

私もチョットそのあたりを掘ってみようか、という衝動にかられます。

まぁ、掘りだすのは無理としても、

その辺に落ちていまいかと山へ出かけてみたくなりますね(^_^;)。

 

さて時は1866年、

南アフリカを流れるオレンジ河の近く、

そこで遊んでいた農夫の息子が光る石を拾ったそうです。

そしてこの石は、少年の妹の遊び道具となったとか・・・

 

じつはこの石、

南アフリカで最初に発見されたビッグダイヤモンドとして

【ユーレカ】と名づけられ、

のちに世界で最も有名なダイヤモンドのひとつになりました。

 

うーん、

可能性はゼロじゃないな・・・。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ダイヤ ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

例えば、

10ピースのダイヤモンドをパートナーに贈り、

10年目の記念日を迎えることで、

世界は平和になると思う。

 

感謝の気持ちを、【見えるカタチ】に表現して贈り、

受け取った側はそれを身につけることで毎日を輝かせてすごす。

 

そんなカップルの幸せな笑顔は周囲に伝染する。

子供たちは笑い、

鳥はさえずり、

草木は青々と大空にひろがる。

 

全ての人が自分の周りにいる数人を笑顔にできたなら、

世界は平和になると思う。

・・・思う?

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ダイヤ ピアス】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ ピアス】デザイン画

あなたの耳にはピアスがあいていますか?

あけてない方は【あける気持ち】が無いのですか?

それとも【あけるタイミング】が無いのですか?

 

確たる意志をもってピアスをあけないとお考えの方々のお話は、

機知に富んでいて、それぞれのポリシーを聞くのは実におもしろく大好きです。

対して、

あけたい気持ちがあるけど、なんとなくタイミングがなくて・・・

という方の話は退屈です<(_ _)>ゴメンナサイ。

 

ピアスをあけたいと思っているアナタ!

いまこの時期がベストシーズンです!

ピアスホールが安定する2か月後、

アナタは今よりもっと魅力的なお洒落ができるはずです。

 

ピアスをあけないと決めたアナタ!

なぜそう決めたのか、すごく興味があります。

聞かせてくださーい!

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 エメラルド リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 エメラルド リング】デザイン画

リングをお仕立てするとき、

リングサイズを何番でつくるか悩みますね。

お客様によっては、おおいに自戒される方もおいでで、

そんな時はかける言葉もなく私も一緒にショボーン・・・とします。

 

「えーっ!ウソでしょー!」や、

「あのころは#6だったのに…ふぅぅ」などなど、

お客様の人生を共に振り返ることとなります。

とはいえ、

#6でつくるわけにはいきませんから、

心を鬼にして現在の【お指】にフィットする#11でご依頼をお受けいたします。

 

リングサイズなど所詮は番号ですから、

できあがってきたリングを#6だと思って使えばよろしいと思います。

番号が増えた事実よりも、これまでの道のりで増えた

【あなたの魅力】のほうが、

かくも美しく喜ばしい事実だとおもいます。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 シトリン ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 シトリン ペンダント】デザイン画

もともとは腐食したシルバー台に留められたイヤリングでした。

使わなくなってから数十年の時を経ているとのことで、

土台だけでなく、

このイヤリングにまつわる【物語】もまた、風化していました。

 

私のところへやってくるジュエリーには、

手に入れる経緯から、気に入られ、愛され、壊れて、直されるまでの

【物語】が刻まれています。

 

腐食した土台からはずされたこの宝石は、

洗浄されて、新たなデザインに留められて、

この日からまたオーナーの【物語】をつづり始めることになります。

 

いつの日だろうか、

次に君に会う時、どんな【物語】が刻まれていることか・・・

楽しみにしているよ。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page 1 / 3612»
PAGETOP