創業43年の実績と安心。工房直営のリフォーム専門店だから、お見積もり費用の最安値宣言!お任せください、ジュエリーのこと。

MENU

Info

デザイン画集

design

【pt900 エメラルド リング】

 

【pt900 エメラルド リング】デザイン画

かくも美しく、私たちを魅了してやまないエメラルドもまた、

大地の奥底にて結晶する宝石です。

 

さて他の宝石に比べ、

エメラルドは大きな結晶になりにくい宝石です。

詳細は省きますが、

その原因はエメラルドが結晶する場所が実に過酷な環境であるためです。

 

小さいながらも、その妖艶な美しさには王侯貴族ですら魅了され、

かのクレオパトラをもとりこにしていた記録がございます。

過酷な環境で、なかなか大きな結晶にはなれずとも、

耐えて培ってきた輝きはかくも美しく、人々を魅了している。

 

・・・なりたいですね、こういう人に。

 

 


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【K18 カラーストーン ペンダント】

 

【K18 カラーストーン ペンダント】デザイン画

お母様から受け継いだ古ーいふるーい宝石を、

なににも仕立てることなく、

裸石のまま宝石箱の片隅に放っておくこと数十年。

 

なんと!

耐えかねた宝石は自らツルを伸ばしはじめ、

チェーンにからみつき、ペンダントに化身した。

・・・という物語のペンダントをデザインしてみました。

 

宝石たちは箱から飛び出して、外に出たがっていますよ!

皆さん、自身の宝石を身につけて、

出かけてあげてくださいね(@^^)/~~~

 

 


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【K18 カラーストーン ペンダント】

 

【K18 カラーストーン ペンダント】デザイン画

ある日、お客様に

「こんくらいの大きさの石を持ってるんだけどさ、

ちょっとユニークなペンダントにするとしたら、どんな感じになるの?」

と言われ、デザイン相談がはじまります。

 

「このくらいの大きさの宝石ですか?え、もっと大きい?

それではこのくらいの宝石だとして・・・

えー、ふわっと丸味のデザインで包んで・・・

んー、少しメレダイヤなんかも留めたりして・・・

あー、ブローチとしても使えるようにしましょう・・・

それでこの辺にチェーンを通す感じでいかがでしょう?」

なんていうやりとりを経て、ラフ画を描いていきます。

 

お客様も

「うん。いい感じね!それじゃあ明日その宝石を持ってくるから、

このデザインで作ってね。忘れないでよ!」

とノリノリなわけです。

 

・・・で、次の日。

ご持参いただいた宝石が、

四角い形だったりすることがよくあります(ToT)

 

 


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ペリドット ペンダント】

 

【pt900 ペリドット ペンダント】デザイン画

主役:ペリドット。

脇役:メレダイヤ。

・・・なデザインですね。

しかし宝石を値踏みする習慣のある方たちがこのデザインを見ると、

主役のペリドットの値段が、

脇役であるダイヤモンドの1粒ていどであることに違和感を感じるはずです。

 

さて、

値段のバーコードを付けて産出される宝石などあるはずもなく、

流通経路のどこかで、値段のバーコードは取り付けられます。

つまり産出時は、どれも大地の結晶として希少な存在なのです。

 

需要と供給の都合で付けられる【値段】に注目するのをやめて、

色彩のバランス、輝きのバランスに注目してみると、

ご覧のデザインに大金を投じるご依頼主の内面が、

少しだけ見えるかもしれません。

 

 


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ダイヤ ペンダント】

 

【pt900 ダイヤ ペンダント】デザイン画

制作図面の通りにキチッとつくってくれる職人が好きです。

逆に、

つくりながら自分なりにアレンジしてしまう職人は嫌いです。

 

職人の道で30年以上も歩んできた人達ですから、

制作図面に違和感を感じたときに、

自分なりのアレンジをしたくなる気持ちはわかるのですが、

私としてはすごーく困ります。

 

ご依頼主とデザイン相談をし、

入念な計画をたてて制作図面を引くため、

職人のアレンジが加わると計画にズレが生じてしまうからです。

制作図面でパーツが歪んでいたら、歪んでつくっていただき、

曲がっていたら、曲がってつくっていただきたいわけです。

 

さて、

ご覧のデザイン画のペンダントですが、

チェーンを通す部分が、わずかに中心線からはずれています。

これは単に私が失敗して描いてしまったわけですが、

職人たちは正確にこの図面の通りにつくってきました(;一_一)

・・・うーん。

 

 


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【k18 オニキス ネックレス】

 

【k18 オニキス ネックレス】デザイン画

丸玉のオニキスが連なるネックレスをアレンジするとき、

玉の間にゴールド製のボールを入れ込むことで、

ロングネックレスにするとします。

 

そんなとき、

ゴールドボールをどのように入れ込むか悩むこになりますね。

ご覧のようにひとつおきに均等に入れ込むのは簡単ですが、

ランダムに不均等に入れ込むとなると、

デザイナーのバランス感覚が問われます。

 

生まれもった才能は受け入れるほかありませんが、

デザインの感性は学習によって磨きあげられると私は考えます。

身の回りに溢れるモノを見て、

「ナゼその形なのか?」

と考える習慣を身につけるだけで、感性は磨く事が出来ます。

 

モノの形には理由があります。

デザイナーが目をつぶって、テキトーに出来上がっているモノなど無いと考えた時、

ランダムに不均衡に並べるゴールドボールの配置には、

私自身があらわれるわけです。

んー、なんだか緊張してきました。

 

 


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【k18 ダイヤ ペンダント】

 

【k18 ダイヤ ペンダント】デザイン画

白く美しいダイヤを、

ゴールドで仕立てることに、抵抗感を感じる方がいます。

「無色透明のダイヤモンドは、絶対にプラチナジュエリーに仕立てるべきで、

ゴールドなどに包まれていては、ダイヤモンドの美しさが鈍ってしまう」

とお考えの方々です。

 

そんなプラチナ派に対して、

「周囲がゴールドであるほうが、ダイヤモンドの白さが際立つ」

とゴールド派の方々が応酬します。

 

どちらの派も一歩も引かずに、決して馴染まず慣れ合わず、

交渉の席にもつかない。

それはまるで某国同士の・・・

 

 


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ターコイズ ブローチ】

 

【pt900 ターコイズ ブローチ】デザイン画

青空色のターコイズはとても美しい。

が、しかし単体で使うと色彩がのっぺりとして、

どうにも味気ない仕上がり具合になってしまいます。

 

そこで登場する便利アイテムがダイヤモンドなんですね。

ダイヤモンドのシャープな輝きが引き締め効果を発揮して、

ターコイズデザインの全体に一体感が出ます。

 

ダイヤモンドのこの引き締め効果はあなどれません!

ダイヤのピアスは小顔効果がありますし、

ダイヤのリングは指をスマートに見せます。

 

あなたなら身体のどこにダイヤモンドを身につけますか?

わたしは頭が大きいのがコンプレックスなので・・・

そうだ、おでこにでも埋め込もうかな(笑)

 

 


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ガーネット ペンダント】

 

【pt900 ガーネット ペンダント】デザイン画

ジュエリーを身につける皆さんは、宝石を正面から見て楽しみますが、

宝石には厚みという【奥行き】があります。

そしてわれわれ仕立て職人は、

宝石の正面よりも、この【奥行き】に注目しなければいけません。

 

厚みの分だけ宝石は前に出っ張るので、

それに比例して作り出すジュエリーも出っ張ります。

過度に出っ張りのあるジュエリーは、

真正面から見るとき以外は、その立ち上がりが目立ってしまうため、

立ち上がった側面部分に装飾をつけるなどの視覚効果を施す必要があります。

 

ジュエリーを身につける人は、宝石の【奥行き】など感知しませんから、

その部分をどのように始末するかは、

われわれ仕立て屋に託され、試されているわけです。

 

 


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ダイヤ リング】

 

【pt900 ダイヤ リング】デザイン画

ダイヤモンドの婚約リングを依頼されるお客様に、

必ずお考えいただくこと。

それは【どんなダイヤモンドを使用するか】ですね。

 

ご予算にあわせて、大きさや品質をご指定いただきます。

「1ct程度の大きさでは絶対に満足できないわ、最低でも5ctはなきゃね」

という女性もいれば、

「0.3ctなんて私には大きすぎます」

という女性もいますので、

男性陣は困ってしまいます。

 

ダイヤの大きさだけならまだしも、

品質においても多様な指標がからみあい、複雑さを増しています。

過去に、ある男性のお客様から、

「なんかこう、3種類の中からお選びください!みたいな感じにできませんかね?」

というご要望をいただいたこともあり、

お相手の女性のお気持ちにも配慮しながら、なんとか対応したのを思い出します。

 

ここから始まるんだな、おんな心を探る旅が・・・

 

 


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page 1 / 3612»
PAGETOP