お任せください、ジュエリーのこと。ジュエリーリフォームデザインスタジオ弥馬屋(東京/町田)

MENU

Info

デザイン画集

design

【pt900 ダイヤ リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ リング】デザイン画

清楚な輝きのダイヤモンドをリングデザインの上部に密集させると、

ひとつぶひとつぶのダイヤたちに相乗効果があらわれ、

驚くほど強い光を放ちます。

まるで指に光の帯が巻きついたかのようなインパクトのある輝きです。

 

さて、ご覧のデザイン画のリングでは、

細かなダイヤモンドまで密集させて留めるさい、

大小含めて70本以上もの爪をつくる必要がありました。

石の大きさにあわせ、

必要最小限の爪でダイヤモンドを留めていきます。

 

1mmに満たない小さなちいさな爪も数多くつくられるのですが、

一つひとつの爪は美しいプロポーションで形つくられます。

なまめかしく、しなやかなボディラインで妖艶な光沢を放つ爪たち。

 

そんな美人さんがダイヤモンドたちを抱擁していると考えてみてください。

どうです?

あなたのジュエリーに美人さんが何人いるか、

数えたくなりました?

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 エメラルド リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 エメラルド リング】デザイン画

多くのエメラルドには、

四角形の四隅を少しだけ削り落した、八角形のカットが施されます。

通称【エメラルドカット】と呼ばれる直線的なカットを施された宝石は、

やはりメリハリのきいた直線的なデザイン枠で仕立ててあげると、

美しさをきわだたせることができます。

 

・・・というのは表向きの俗説で、

実際のところは主役のエメラルドを生かすか殺すかは、

エメラルドが乗っている土台部分がにぎっています。

ですので、

枠のデザインは自分の好きな形にされたらよろしいと思います。

 

エメラルドが留められてリングが仕上がると、

その土台部分はほとんど見えなくなってしまう、影の薄い存在ですが、

この部分をつくりだす飾り職人と、

この部分にエメラルドを留める石留め師の技こそが、

エメラルドの美しさをこの上なくきわだたせている要因であります。

 

「四角い石だから四角いデザインに留めるのがサイコー!」

というのは短絡的過ぎるかもしれません。

「角刈りだからスーツが良く似合う」と言われているようなものですね。

完全にコケにされてる気がしませんか?

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 エメラルド ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 エメラルド ペンダント】デザイン画

美しさにはワケがある

・・・でしょうか?

 

美しい女性に、

「あぁ、あなたはナゼこんなにも美しいのでしょうか」と聞いても

「さぁ、生まれつきこんな感じだからね、自分でもワカンナイんだけど」

なんて返答だったりもしますね(^_^;)

 

さて宝石においては、

美しさのワケがわかってきました。

 

ベリルという、

まぁたいしてインパクトのない平凡な石がございます。

この石が結晶するとき、

その内部にクロムという物質がわずかに混ざるとします。

するととたんにベリルは、かくも美しいグリーンを発色し、

エメラルドと名乗り、世界中の女性の心を彩る宝石に変貌します。

 

コランダムという、

これまた硬いだけがとりえのイマイチな石もまた、

その内部にクロムが混ざると様相を変えます。

適量のクロムを含んだコランダムは燃えるような赤い色を放ち、

ルビーと名乗るや、美女たちの心を手玉に取るのです。

 

ある時はエメラルドグリーンとして、

またある時はルビーレッドとして、

美の頂点に君臨する宝石たちを影で操るクロム。

 

もしかして、

ついさっきすれ違った美女もまた、

クロムのしわざかも・・・

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【K18wg オパール リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【K18wg オパール リング】デザイン画

内部から虹色がきらめくオパールという宝石。

光をあてる角度によって、いつも異なる表情を見せるこの宝石を身につけると、

あなたの動きにあわせて虹色の発色がうごめきます。

上品で清楚で、

それでいて注目を集めることができる宝石として人気です。

 

お菓子の箱の中に、いつもそれとなく入っている乾燥材。

お菓子を開封するなり無造作に捨てられる、たいして印象にも残らない存在です。

【食べられません】と書いてあるアレです、

と言えば思い出す方も多いでしょう。

 

その存在感のカケラもない乾燥材は、

シリカとよばれる二酸化ケイ素でできています。

あの上品な存在感のオパールもまた、

シリカとよばれる二酸化ケイ素でできています。

 

いま、

あなたの中で乾燥材の価値があがりましたか?

それともオパールの価値が下がりましたか?

自然が、そんな問いを我々に投げかけているように思えます。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【K18wg オパール リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【K18wg オパール リング】デザイン画

楕円形の宝石をデザインするときに、

指に対してタテ向きに使用するか、ヨコ向きに使用するか、

お客様の好みが分かれるところです。

 

ご覧のデザイン画のような大きめの宝石は、

ヨコ向きに使用すると宝石が指からはみ出してしまいます。

過去には、さらに大きな宝石を持参されて、

両側の指とあわせて、

3本の指にまたがってセットするデザインを喜ばれる方もおいででした。

 

タテに使うこと、

ヨコに使うこと、

ナナメ向きに、

ウラ向きになどなど、

【普通】ですとか【一般的】という言葉とは程遠い世界。

 

そんなワクワクする可能性こそ、

ジュエリーリフォームの醍醐味であります。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 マルチ リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 マルチ リング】デザイン画

あのとき購入したピアスに、あのとき貰ったペンダント、

あんなときにGETしたリングなどなど、

あなたが持っているジュエリーひとつひとつには、

かけがえのない思い出がありますね。

 

デザインが古くなって使わなくなったからといって売却してしまうのは、

まるで思い出を消し去ってしまうような気がしてならない。

それでいて現状のプチペンダントのデザインのままでは、

ウブな10代を演じているようで、気恥ずかしったらありゃしない(笑)

 

ちょっと強引な例えかもしれませんが、

心境としては当たらずとも遠からずという方も多いと思います。

 

いまこの瞬間もあなたは磨かれて、ますます素敵な女性へと成熟しています。

いま、大人になったあなたを見て一番喜んでいるのは、

もしかするとあの頃に手に入れた宝石たちかもしれません。

 

これからもその宝石たちは、あなたにピタリと寄り添い、

同じ時間を過ごしていくことでしょう。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【K18wg パール リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【K18wg パール リング】デザイン画

現代社会は、なにかとストレスの多い世だと言われます。

ストレス過多は健康に害であるだけでなく、

思考が停滞してしまうと言われていますので、

私のような、デザインがひらめいてナンボという職業の場合、命取りとなります。

 

そのため自己のストレス管理を怠ってはいけません。

 

冒頭の言葉通りなら、

社会からある程度の距離をおくことも必要な逃避手段といえますね。

わたしはこれを【積極的な引きこもり】と呼んで、

自分の殻に閉じこもる時間を慎重に管理しています。

 

現に我が家は電波を受信していないので、テレビをつけても番組が映りません。

私は新聞を含め、ニュースも見ないので、

月に一度だけ届く雑誌と、お客様とのおしゃべりが情報源となります。

 

外界からの情報を制限して、

自己の内面で生まれるちいさな声に耳をすませること。

これこそ【積極的な引きこもり】の極意といえます。

どうです?

あなたも私と一緒に引きこもりませんか?

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 ダイヤ ピアス】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ダイヤ ピアス】デザイン画

土台となる貴金属に、

すきまなくメレダイヤを敷き詰める仕立ては【パヴェ】と呼ばれます。

ご覧のデザイン画のピアスの場合、ふっくらとドーム形状のピアスに、

13から15ピースのメレダイヤが留められます。

 

【パヴェ】を美しく仕立てるには、

同じ大きさのメレダイヤを使用するのではなく、

大きさの異なる数種類のメレダイヤを使用したほうが良いでしょう。

直径10mm程度のちいさなドームとはいえ、

大小3種類くらいのメレダイヤで仕立てるほうが美しく、

そしてすきまなく敷き詰めることができます。

 

デザインの時点では、

留めるメレダイヤの数や大きさを特定しない方が得策と考えます。

プラチナで土台部分が完成してから、

石留め師にダイヤの配置や数を特定させる方が美しい仕上がりになるでしょう。

 

さてこのように仕上がり重視のオーダーは、

初期の段階でお見積もりが確定しないため少々不安ですね。

オーダーされる時点では、おおよその費用が伝えられるのみで、

費用が確定するのは仕上がる直前ですから、

このようなデザインは幾度かオーダーを経験した方が、

信頼できる宝石商に依頼するようなデザインと言えますね。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【pt900 サファイア リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 サファイア リング】デザイン画

サファイアと言えば、ブルーサファイアですよね、やはり。

青から藍色の発色をするサファイアは、

落ちついた大人の色合いで、イギリス王室だけでなく、

世界中で愛されています。

 

タイやミャンマー、スリランカなどアジア圏で主に産出されますが、

海を渡った地オーストラリアでも産出されます。

さてオーストラリア産のサファイアの多くは非常に濃い青色で、

率直に言ってしまうと、もはや【黒】と言ってもいいと思います。

事実、

ブラックサファイアなんて商品名で売られているものも見かけることがあります。

 

ブルーサファイア好きの方々の要望を、

決して満たせることのできないこの黒いサファイアは、

ときに否定され罵倒され、

「何これ?何かのタネじゃん!」

なんて言葉を浴びせられる可哀そうなサファイアです。

 

どうかこの項をご覧いただいております皆さまにおかれましては、

この漆黒のサファイアを、

なにとぞ温かい目で見守っていただきたく存じます。

黒であるが故に光を反射せず、

まことにタネのような存在感ではありますが、

素直でいい子なんです・・・ホントに。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【k18wg エメラルド リング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【k18wg エメラルド リング】デザイン画

宝石も色々ございますが、

「何が1番好き?」と質問されたら何て答えますか?

ダイヤモンド?それともルビー?

 

さて、

数ある宝石の中でエメラルドが1番好きと答えた方、

アナタはきっと過去に上質のエメラルドを見たことがあるのですね。

エメラルドは他の宝石と比べ、過酷な環境で結晶するため、

宝石の中に内包物が多く含まれます。

 

そのためほとんどのエメラルドは、

ルビーやサファイアのようにクリアな輝きにならず、

なんとなく濁っています。

 

どのエメラルド結晶もそんな感じなので、

「まぁ、そんなものか」と慣れてしまえば、

そのうえで品質の優劣もつけられましょうが、

「ダイヤモンドと比べてエメラルドの方が好きか」と聞かれたら、

たいていの方が美しく輝いているダイヤモンドと答えることでしょう。

 

さて皆さまには、

機会をつくって上質のエメラルドを見ていただきたく存じます。

みずみずしい葉のエキスが結晶したかのような、

高品質エメラルドのグリーンを初めて目にした時、

「ぅうわぁぁ・・・」と震える声を止められなかった私。

 

あの瞬間、

数千年も前から人類に愛され続けた

エメラルドの美しさを再認識させられたのです。

 

そしてその体験以来、

「ダイヤモンドと比べてエメラルドの方が好きか」と聞かれるたびに、

深く深く考え、

思い悩んで答えるようになりました・・・

「ダイヤモンド」と。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page 1 / 3612»
PAGETOP