【Pt900 パール ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900 パール ペンダント】デザイン画

人の感情には「喜・怒・哀・楽」とある。

その中で「喜」と「楽」を描き生み出すことが私の仕事であろう。

「怒」・「哀」の感情をジュエリーとして仕立て、身につけ、

さらには後世に遺そうという依頼主は皆無である。

「喜び」や「楽しみ」を材料に出来上がったジュエリーは、

自分への愛や、他人への愛として、ご依頼主の毎日を輝かせるものとなる。

 

2011年、東日本大震災。

あの翌日も私はデザイン画を描いていた。

 

その数日前に、

2粒のパールを私に預けていったお客様のデザイン依頼であった。

世界を「哀」が充満していた時期のなか、

私は「喜」と「楽」を描く仕事を迷うことなく全力でしていた。

 

医者がその日の気分で診療するのではタマラナイ。

これと同じように、

大事な宝石を気分しだいで「哀」なジュエリーにデザインされたのでは

タマラナイと思う。

約束の期日までに、愛されるジュエリーをデザインしなければいけません。

 

周囲に充満する「哀」はかえられずとも、

自らを満たす「哀」は「愛」へと変換し、

今日も描く。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2