【pt900 ピンク石 ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【pt900 ピンク石 ペンダント】デザイン画

2代、3代と受け継がれたジュエリーの場合、

それがどんな宝石かをご存じでないご依頼主も多くいます。

ご覧のデザイン画のご依頼主もそのひとりで、

「アレかアレだろうな・・・」と、

思い当たるいくつかの候補があるだけで、

「だからといって鑑別によって宝石名を特定する必要はない」

とのことでした。

 

ここにジュエリーの持つユニークな一面を見ることができますね。

【受け継ぐモノ】という、

より大きな視点でジュエリーが所有されるとき、

鑑別書や専門家による鑑定結果など、重要ではないという境地に意識が向きます。

 

ご依頼主は、リングに留められたこの宝石を、

娘さん向けにペンダントへリフォームされました。

このあとの数十年は娘さんがこの宝石を預かり、

また次世代へ継ぐのでしょう。

 

「この宝石がどんなモノであるか鑑別しますか?」

という問いかけが、ずいぶんと安っぽく聞こえ始めました。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2