毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。 

【k18wg アメシスト ペンダント】デザイン画

昭和のジュエリーを振り返ると、

アメシストをイエローゴールドで仕立ててあるジュエリーをよく見かけます。

 

これは人の感性の問題なのでしょうけども、

わたしの中にはアメシスト色をイエローゴルドで仕立てるチャンネルがありません。

イエローゴールドでの仕立てをご依頼主に要望されない限りは、

アメシストは白い仕立て(プラチナやホワイトゴールド)でおすすめしてしまいます。

 

ゴールド色に囲まれたアメシスト色は、私には理解できない配色で、

苦手なんだと思います。

双方の色が調和してハーモニーを奏でているようには、とても思えない私は、

本能的に【白い仕立て】に逃げてしまっているのかもしれません。

 

デザイナーとは、舞台裏に控える黒子であり、

自己主張など言語道断とは存じておりますが、

しかしその、ゴールド仕立てはチョット・・・う~ん。

 

 

 

デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2