お任せください、ジュエリーのこと。ジュエリーリフォームデザインスタジオ弥馬屋(東京/町田)

MENU

Info

デザイン画集

design

【Pt900K18 パール ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900K18 パール ペンダント】デザイン画

イヤリングはバネのパーツをつけなければ耳につけられませんし、

ピアスにはピアス針が必要で、

ブローチには裏側にブローチ針が無ければ衣服につけることができません。

 

同様にペンダントにも

【バチカン】

と呼ばれるチェーンを通すところが絶対に必要となります。

 

さて、

ふんわりと丸いパールを、トンボのデザインでペンダントにするさい、

「ハイできました!」

と最上部に出来合いの3角形のバチカンを付けたとしたら、

私はお客様から、ブーイングの雨あられ・・・でしょうねきっと(^_^;)

 

そのため私は、

デザインをもうひとひねりしなければいけません。

「トンボは上部に付けてと・・・

まっすぐつけると芸が無いから、ナナメにして・・・

尻尾をクルッと巻いてそこにチェーンを通そうか・・・

どうせなら羽でパールを抱きかかえてみようか・・・」

などなど。

 

お客様に叱られないように、叱られないようにと、

本日もビクビクしながら デザインにいそしむ私です<(_ _)>

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Pt900 ルビー ピアス】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900 ルビー ピアス】デザイン画

イヤリングやピアスの起源を深く考えてみると、

じつに装飾性のつよいアイテムだと気づかされます。

 

ネックレスやリングの起源は、

例えば収穫物や戦利品を

「ちょっと首にかけておこう」とか「ちょっと指にひっかけておこう」

・・・的な起源と考えれば、なんとなく想像しやすいですね。

 

しかしイヤリングとなると

「この荷物、ちょっと耳にひっかけておこう」

・・・的な起源とは考えにくく、

そんなことするのは変人か変態だけと思いません?

 

我々の祖先が常識人であった(笑)と信じるならば、

イヤリングというアイテムは、

あくまで装飾を目的として生まれた文化ではないかと考えられます。

 

昔むかし、

我々は言葉を持つ遥か以前から、身を装飾していました。

ネックレスやリングには「その他」の目的があったかもしれませんが、

イヤリングの目的はたったひとつ

「美しく身を飾る」

であったと信じたい。

 

さもないと、

我々の祖先が変態ってことになってしまいますでしょう?

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Pt900/K18 ダイヤ ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900/K18 ダイヤ ペンダント】デザイン画

こうして自分の画をふり返って見ると、

きちっと描かれたデザイン画よりも、ご覧のラフ画の方が、

デザイン相談中の現場の情景がリアルに思い浮かんできて楽しめます。

 

ラフ画は稜線も荒いし、字も汚いのですが、

(まぁ字はいつもヘタクソなんですけども)

デザイン相談中に計画が2転3転している様子がうかがえて、

見ていてワクワクします。

 

カーブの強さや寸法など、

最終的には収まるべきところに収まるわけですけど、

あとから振り返ってみれば、

その過程のスッタモンダがじつに楽しいひとときであるわけです。

 

あ、いえいえ、

人間関係の話をしているわけではなく、

デザインの話なんですけども・・・。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Pt900/K18 ルビー ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900/K18 ルビー ペンダント】デザイン画

大小さまざまなダイヤモンドと、

コロンとしたルビーが、この時の課題でした。

個性豊かなそれぞれの宝石たちをキャスティングし、

作品の中で生き生きと演じさせるのが、私の仕事といえます。

 

宝石たちを持参されたご依頼主にとっては、十年来の友かもしれませんが、

私にとってはその日初めて出会った宝石たち。

何年もの間、宝石たちをしまいこんでいたご依頼主の多くは

「今すぐデザインして欲しい」と要望されますので、

「んー、ちょっと2,3日考えさせていただいて・・・」

なんてことは言えない空気が現場を満たしております。

 

「あんたそれでもデザイナーなの?!」と怒られる前に、

いち早く気のきいたデザインをしなければいけない現場で、

ご覧のデザイン画も描かれたわけでして・・・

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Pt900 パール ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900 パール ペンダント】デザイン画

いつごろ描いた画なのか思い出せませんが、

たしかに私が描いたものです。

これはデザイン相談中のラフ画ですね。

ふんわりと葉が生い茂る中に、

宝石たちが盛りだくさんに留められるペンダントになるのでしょうね。

 

さて、

上部に記載されている【バチカン】とは、

チェーンを通す部分のことをさし、

ここではデザインの裏側(葉の裏側)に設置されるようです。

直径5mmのチェーンを通すバチカンは、

一般的なものと比べるとかなり大きめで、

恐らくパールネックレスのような太めのものを通す目的があったのだと思います。

この画の左上に向かってそれらしきモノが、

かなり適当な感じで描かれていますね。

 

デザイン相談の結果、制作のGOサインが出ると、

もう少しまともなデザイン画が描かれます。

まるで何かの種のように見える各種の宝石も、

より宝石らしく描かれます~<(_ _)>

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Pt900 パール ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900 パール ペンダント】デザイン画

フワッとまぁるいパールをご持参のお客様に、

「なんかテキトーに作ってよ!安いのね!」と任され、

言われたとおりテキトーにデザインしたら・・・

怒られますよね、たぶん。

 

それでもヒラメキというのは突然に脳裏に舞い降りるモノですから、

私の心もちであったり、態度とは関係ありませんね。

つまり、

お菓子とか食べながら鼻歌まじりに構想を練っていたとしても、

ヒラメキの瞬間はやってくるわけです。

羽ペン片手にモーツァルトを聴きながら、

その瞬間を待つほうがイカシテルのはわかりますけども・・・。

 

さて、

パールペンダントのデザインを構想中に偶然手に取った、

しずく型のターコイズ。

あなたならその瞬間にどんなヒラメキが舞い降りるでしょう・・・

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Pt900 パール ペンダント】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900 パール ペンダント】デザイン画

たまーに、男性からのデザイン依頼がありますが、

私が請け負う依頼は、ほとんどが女性がつけるジュエリーのデザインであるため、

私は常に女性のことを考えています。

 

20代30代のお客様は少ないため、

もっと詳しく言うならば40歳以上の女性のことを考えています。

自らの神経を研ぎ澄まして、

彼女たちのライフスタイルや交友関係、

満足感、優越感、競争心、友情、愛情などなど、

女心を理解しようと努めているわけです。

 

科学が発展しDNAは解読されたものの、

女心は解明できるはずもなく、まったくもって宇宙の神秘であります。

 

さて、

このデザインですが宇宙的でしょ?

【女心】と名付けようかな・・・

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Pt900 ルビー イヤリング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900 ルビー イヤリング】デザイン画

ご覧のデザイン画の2つのイヤリングは、

どちらも同じ材料を使用しています。

宝石のセッティングの仕方次第で、

ずいぶんと印象の異なるデザインになるものです。

 

ふたつのデザインをご覧いただいた方々に、

それぞれの第1印象を伺うと、

【フワッと優しい感じ】、【ピリッと引き締まる感じ】、

【上品な優等生】、【キュートな小悪魔】などなど、

実に対照的なコメントをいただきました。

 

良くご覧いただくと、

爪の本数や配置も全て同じであることがお分かり頂けると思います。

ちがうのは宝石の向きだけです。

ほんの少しのことで、

周囲の人が持つ、あなたへの印象を変えることができそうですね!

 

そんなご用命がございましたら、

ハイ!わたしにやらせて下さい<(_ _)>

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Pt900 ブラックダイヤ イヤリング】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【Pt900 ブラックダイヤ イヤリング】デザイン画

イヤリングやピアス、

耳飾りの文化がいつ始まったのかは特定できませんが、

パーティーシーンにおいて、

「イヤリングをつけていないのは、寝巻で出席しているのも同然と言えるほど、

ホストに対して失礼な行為である」

だそうです。

 

「リングやペンダントなどはつけていなくとも、

イヤリングをつけていないのは、スリッパで参加しているのと同じ」

と言う人もいるくらいですから、

イヤリングはファッションにおいては重要なアイテムであります。

 

それぞれのシーンに合わせたデザインで、

イヤリングを準備しておかなければ、社交の場には居られないようですから、

気をつけなければいけませんね。

 

さて、心配には及びません。

日本女性の皆さんなら、

それぞれのシーンにあわせた各種イヤリングを持っておいでのことでしょう。

・・・で、

つけていますか?そのイヤリング。

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【K18 ルビー ピアス】

 

 

毎日、ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋で仕立てられる名作品の数々。

1つの作品が生み出されるとき、1枚のデザイン画が描かれます。

【K18 ルビー ピアス】デザイン画

修理やリフォームを繰り返すと、

デザイン上の都合で使用せずに返却された宝石たちがどんどん増えてきます。

この不揃いの宝石たちをまとめて、

1列に並べてピアスにしてしまったお客様がいました。

 

色も形もバラバラな、7種類11ピースの宝石を、

左右の耳に振り分けてデザインいたしました。

小さくて形も整っていない為、

主役になれなかった宝石たちでしたが、

出来あがってみれば、

じつにオシャレで個性豊かな宝石たちだと気づかされました。

 

見せ方ひとつで、

私のような凡人も美しく輝けるということでしょうか・・・

 

 

 

 デザイナーが四の五の語る 【やまや名作劇場】
ジュエリーリフォームデザインスタジオ やまやくらぶ


デザイン画集下部ボタン1 デザイン画集下部ボタン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page 1 / 3612»
PAGETOP